2011年12月26日月曜日

クリスマスパーティー第3弾、4弾、5弾

まだまだクリスマスパーティーは続きます。
金曜日、もうすぐ任期満了で帰られる
日本語教師の川奈部さんちにて
「ターキーを食べようの会(クリスマス会)」
に行きました。
川奈部さんはトンガで2年過ごし
感覚がもうトンガ人なのか、
すさまじい量のディナーをご用意くださいました。
いなりずしとラーメンを久しぶりに食べました。
美味しい!

土曜日、元お相撲さんのアラニさんのおうちに
お呼ばれしました。
門の前では豚ちゃんがお出迎え?
私が言うのもなんですが、
この豚、めっちゃデブです。
元お相撲さんのお家の子だから
いっぱい食べているんでしょうか・・
暑いから土を掘って寝ていました。

アラニさんは初代 南ノ島です。
写真奥の赤い人です。
日本語が上手です。
アラニさんファミリーは子供が8人いて
今は4人、アラニさんたちと一緒に暮らしています。
みんな高校生、大学生のお年頃ですが、
とってもいい子達です。
このお家の人といると、もうそこの
家に住みたくなります。
それぐらいいい家族です。

トンガ料理をたらふく食べた後、
先輩隊員KGさんのギター伴奏に合わせて
みんなで「上を向いて歩こう」と
「乾杯」を歌って帰りました。

日曜日、教会へ行きました。
今年はクリスマスと、教会へ行く日曜日が
かぶっていたので、何か特別なことが!?
とも思いましたが、通常通りの教会でした。
その後、近所のトンガ人宅のクリスマスパーティーにお呼ばれ。
子供とビービー弾で遊んだ後、
またご飯を全力でたらふく食べ、
昼寝を2時間させてもらって帰りました。

たぶん年始あたりに、かなり体がでかくなっている
のではないでしょうか・・・

これから国内旅行に行ってきます。

10日間程アップできないと思います。

みなさん今年もありがとうございました。

どうぞ良いお年を。


2011年12月22日木曜日

マタハーリヌ ツンダラ カヌシャマヨ(また会いましょう美しい人よ)※沖縄方言

今日は今年度の仕事納めでした。
といっても先々週あたりから
職場にやってくる人が激減して
今日は片手に数えるくらいしか
職場で人を見ませんでした。
(普段は25人弱は来てる)

おかげで今週は私もかなりだれてしまい、
マロロ(休憩)モードに突入してしまいました。
天気がずっと雨のせいもあるかもしれません。

そして今週はクリスマスパーティー三昧です。
火曜日は職場のCDU(教育開発課程部門)
にてクリスマスパーティー兼シニアボランティアの
川奈部さんの送別会がありました。
屋根の下に偉い人と、川奈部さんと
私含む外人たちが入り、
その他大勢は野外で座っていました。
ご飯もいっぱい。
1人1プレートで持ち寄りました。
このときも外人の私たちから
食べさせてくれます。

トンガ人はホスピタリティ精神がすばらしいです。

そして音楽に合わせてすぐに踊りだします。
左の黒い服の人はリンダさんという人で、
すごく声がでかくておしゃべりで
話すときは至近距離20cmくらいで話しかけてきて
顔は和田アキ子さんみたいで、
私が秘かに職場で1番恐れている人物です。

この日は黒サンタに扮しているようです。


そして水曜日は教育省全体での
クリスマスパーティーでした。
またみんな踊りだしました。


私もここでトンガに来て初めて沖縄の踊りを
披露しました。
さ~ゆいゆい
安里屋ユンタを踊りました。
教育大臣も来ていたので、ドキドキ。

この日のために、となりのおばさまに
3日間の特訓をしました。
さすがトンガ人、踊りがうまくて覚えも早くて
良い披露ができたと思います。


今度はもっともっと大勢で踊ってみたいな。











2011年12月18日日曜日

さよならcolor

先週は1週間なんだか忙しかったです。
隊員総会があったためです。

総会では、トンガ中のJICAボランティアが
集まり、隊員同士で話し合いをしたり、
先輩隊員の中間活動報告を聞いたり、
トンガ人講師の人を招いてトンガの犯罪に
ついて学んだりしました。


なかでも年末年始に任期を終え帰国する
先輩隊員の帰国報告プレゼンは
とても勉強になったし、2年分のいろんなドラマが
詰まっていて感動ものでした。

1人の人間にできることはほんとに
限られてるかもしれないけど、
みんな環境が整っていない中で
悩みを抱えながら、頑張っていて、
2年間何ができたんだろうと思う人も
いるけど、私は意味のないこと
なんてこの世に一個もないと思います。

私はまだ活動したてで、何にもない
うすっぺらい人間だけど、
2年たったら先輩たちのように
語ることに満ち溢れた深い人間に
なりたいなぁと思いました。

3日間の総会を追え、帰国される方の送別会をし、
カラオケに行き、そのあと久々の
オールナイトをしました。
さすがに26歳の体にはきつくなってきましたが
たまにはいいものです。

土曜日は空港に行き、帰国する先輩M子さんの
お見送りに行ってきました。


M子先輩は2年の長期派遣を1度経験したあと、
短期で3ヶ月、またトンガに戻ってきた
もう見た目も性格もトンガ人のような人です。

よく会っていたほうなので、もうお別れという
実感が、帰ってしまった今でもなかなかわかない。


さようならM子さん。
また会いましょう!

 
ボランティアは任期は基本2年ですが、
みんなスタートする時期はバラバラなので
3ヶ月ごとに誰か帰っていく人がいます。

自分がこうして見送られるのも
きっとすぐ来てしまうんだろうな~。

今日日曜は、同期隊員で隣村のアッキーと
映画「フラガール」を見た。

なかなかいい映画。

蒼井 ゆう めっちゃ可愛い。





2011年12月13日火曜日

都会人、村へ行く

昨日から相棒SefoさんがTIOE(教員養成学校)の
生徒に補講をしてくれています。
今朝は私もアシスタントしに行ってきました。

2回試験に落ちた生徒達なので、
大変な補講になるだろうなぁと心して行ったのですが、
みんなお家でちゃんと勉強してきたのか、
けっこう頑張れてました。

よく人に、小学校ではなく教員養成学校で教えてる
と言うと、「小学校に比べてあまり楽しくなそう」
と言われますが、私的にはそんなことありません。

TIOEのおばさんたちはおもしろいです。
問題を1個1個解いていくごとに
「ポト アウピト」=よくできました
と私が褒めると、1人でに盛り上がり始め
しまいに有頂天になります。

今日も「この調子だと次の試験は合格だね!」
と言うと、かなり喜んで舞い上がってました。

オーバーなんです。
おもしろいです。

補講は来週火曜日までを予定し、
追試試験は来週の水曜を予定していたのですが、
誰々が今週中にどこどこに行っていなくなるから
早くして欲しいとの意見があり、追試日は今週金曜に
なりました。

みんな試験に合格できるかギリギリラインなのに
(落ちたら学校を卒業できない)
誰か1人のプライベートな都合で、補講期間が
短くなり、そして誰も文句言わない、
なんとも面白い国です。

みんな合格できることを祈るばかり。


そして夜は首都から車で2,30分の
Mu‘a(ムア)という村に行ってきました。
村に住んでいるアメリカンピースコープ(ボランティア)
のJacob(ジェイコブ)さんのおうちに遊びに行くためです。

ジェイコブさんことジャックは私と私の友達
に料理をふるまってくれました。
アメリカンピースコープの人は噂によると、
Jicaボランティアの約半分しか生活費をもらっていなくて、
お家もJicaのほうが断然立派です。
なのになんとか切り盛りして楽しく過ごす彼らは
すごいです。これからもちょくちょく遊べたらいいです。

帰りに村の公民館みたいなとこに寄ったら
子供達が、何かのパーティーの出し物の練習をしていました。
なかなか見ごたえがありました。
最後は一緒に躍らせてもらって帰りました。

住んでいる首都に比べ何倍も星が綺麗な
村でした。

明日も朝が早い。
おやすみなさい。



2011年12月11日日曜日

海女になる

今日はAnahulu(アナフル)ビーチに行きました。
トンガ語でAnaは”洞窟”の意味だそうで、
日本語の”穴”となんとなく近いですね。


今日はなぜそのビーチに行ったのかというと
サザエを採りに行ったのです。
ビーチに着くや否や
いざ出陣の合図。
プオ~~~~~~
こちらはホラ貝を吹く、通称 ほら吹き部のみなさんです。

Anahulu Beachは浅瀬の方が岩場になっていて
その向こうは急に断崖絶壁になっており、
波の荒い外海があります。

その岩場のうちっかわを水につかりながら歩いて
サザエを探しました。

しかし、私は目があまりよくないせいか
全然見つけられません。
頑張って1個しか見つけられず
途中から海ブドウ採りに専念しました。

生まれて初めて海ブドウが生えているのをみたのですが、
あのプチプチしたやつがそのまま(茎のようなものもなく)
岩からニョキニョキ生えてました。
おもしろかったです。

そして私が海ブドウ狩りをしている間に
サザエがひとところ集まり、
浜でBBQをしました。
すごく美味しかったです。

その後、砂浜の木陰で寝転んで昼寝をしました。
見上げれば青空。
すがすがしい気分になりました。

とそこに、50人規模のトンガ人がいきなりやって来ました。
みんな日曜は教会で祈る以外は何もしてはいけない
のがトンガのルールなので、
サザエとってBBQなんかして、一瞬見つかっちゃった気分に
なりましたが、向こうも泳いだり、バトミントンしたり
してました。
そういうトンガ人もいるんだなぁと思い、
トンガ人と日曜に浜で過ごす、なかなかない体験が
できた気がしました。

今日はこれから家で映画「ゆれる」を見ます。
オダギリジョーさんと香川照之さんのでている映画です。


あぁ、いい日曜日。







2011年12月10日土曜日

Mahina Katoa(まひな かーとあ=満月)


今日はトンガは満月です。
とっても明るいです。
少し綺麗な写真がとれました。


昨日から、算数部会というものが開催されています。
青年海外協力隊で珠算隊員として派遣されているのは
現在、世界で私1人なのですが、
トンガには小学校教諭でボランティアに来ている方が3人
いらっしゃり、その方たちと算数部会たるものを数ヶ月に1回
開いて話し合いをするのです。

今回は、
・来年3月にあるそろばん全国大会について
・今年終わった3つの離島大会(全国大会への選抜大会でもある)の考察
・年に4回、小学校で実施しているそろばんテスト結果の島同士の比較
・来年1年間の小学校でのそろばんプログラムについて

等々を話しあっています。
普段私はオフィスで働くことが多いのですが、
小学校教諭ボランティアの方は現場(教室)で働くことが多く、
現場のリアルな話が聞けてとても楽しいです。

またいつもはトンガ人とまったり働いていますが、
こうして定期的に日本人と仕事をするのも、
いい刺激になるなぁ、と思います。

部会は昨日今日とあり、来週の月、火まであります。
それが終わると今度は水~金までJICAのボランティアの総会です。
(ボランティアみんなで活動報告などをする会議)

今週末から来週いっぱいは日本人づくしです。

私が会議で職場を抜ける間、職場の相方Sefoさんは
TIOE(教員養成学校)で補講をしてくれます。

今回TIOEで、そろばん最終試験に2回落ちた生徒が5人いて、
このままでは卒業できない状態なのですが、
あと1回だけチャンスをあげたくて、補講でばっちりトレーニングを
つんでもらって、また追試をしてもらうことにしました。

トレーニングは7日間で、私は総会が終わって2日間しか
行けませんが、みんなが少しでもそろばんを理解してくれているといいです。

頼みます、Sefoさん!



明日は海にサザエを採りに行きます。

2011年12月4日日曜日

クリスマス ツリーに潜る

これは私の寝ているベットです。
私は身長158センチで、座高はちょっと高めですが、
このベットは横に並ぶと、私の腰のちょっと下あたりまで
あるほどの高さです。

昨晩寝ていたらこのベットから落ちました。
床はタイル張りなのですが、
頭を打って起きました。
とても痛かったです。

幅はセミダブル以上はあるはずなのですが、
昨日のダイビングが辛く、夢で
うなされ、無駄に動いたのだと思います。

朝起きたら体が鞭打ちのように痛かったです。
(ベットから落ちたのと、ダイビングで動いたため)

そんなこんなで始まったダイビング2日目ですが、
今日は昨日とは違う場所、首都から少し
沖に出たリーフのところでしました。
その名も”クリスマスツリー”というポイントです。
クリスマスツリーのような形のソフトコーラルが
ある場所だからです。

前にクジラと泳ぎに行った時に
船酔いがひどかったので、
今回はインストラクターさんのアドバイスをうけ、
しょうが湯を2杯飲んで船に乗り込みました。
おかげでまったく気持ち悪くなりませんでした。

そして海はものすごく綺麗でした。
透明度は30Mくらいでしょうか。
珊瑚も多種多様。

正直トンガに来てしばらく、トンガの海を見て
あまり綺麗じゃないので、ゲンナリしてましたが
今日のポイントはかなり綺麗でした。
あなどってましたトンガ。

そしてダイビングも2日目ということで、
かなりうまくいきました!
今日は1番深くて18Mまで潜りました。
見上げると、水面がもう ものすごく遠くにあって、
とても静かで、行ったことはないけど、
宇宙にいるみたいでした。
シュノーケリングでは見れない
大きな岩の下のほうも見れたりして、
今日で少しダイビングにはまった感があります。

今日で無事免許がとれ、次回は
今月末に、メインアイランドから北へ飛行機で1時間程
行ったババウ島でダイビングします。

たのしみたのしみ。

明日はまたもや月曜にある振り替え休日。

ゆっくり休みます。

なんだか遊んでるばっかりみたいですけど、
ちゃんと働いてもいますよ~!

2011年12月3日土曜日

水深10Mへの冒険

ダイビング1日目、無事終了しました。
無事終わりましたが、2回程
死ぬかと思いました。

思っていたより、タフです。
浮き沈みをコントロールするのが難しいし、
自分が水面下で呼吸をすることに
かなりビビッていることに気づきました。

無理して自然の力に逆らって、こんな潜らなくても
シュノーケリングで十分じゃないかと何度か思いましたが、
1日通して、少しずつダイビングに慣れてきた気がします。

今日は2本潜ったのですが、
あした1日は今日より多い3本潜ります。
がんばるぞー!


写真はダイビングをしたところにある島です。
パンガイモツという無人島で、
メインアイランドから小型船で10分ほどの
首都から1番近いリゾートです。

トンガ綺麗でしょ~?
みなさん。
いつでも待ってますよ~!


今日はいいニュースが1つ
私と一緒にトンガのそろばんのために働くオフィサーに、
同僚のSefoさんに加え
もう一人やってくることになりました。

実のところ、新しい人がくるために、
Sefoさんが移動させられるかもしれない・・・
という状態だったのですが、
昨日アナウンスがあり、Sefoさんも
職場に残れることがわかりました。

私より うんとトンガのそろばんの
ことをよく知っているので、
とても心強いです。
来年からは、トンガのメインアイランド初の試みの
そろばん競技大会の予選大会を
3地区に分けてする予定で、
色々慌しくなると思いますが、
そろばんオフィサー増員で
みんなで効率良く動けばきっとうまくいくと思います。
40歳手前のおじさん2人と私で、
うまく まとまっていけるか不安はありますが
3人で協力して頑張るぞ~。

2011年11月30日水曜日

1/12 終了

あっという間に12月です。
トンガに来て2ヶ月が過ぎました。
あっという間です。

特に何をしたかって言われれば
何もしてない気はしますが
充実してたのでしょうか、早いです。
2ヶ月を1セットとして数えると
任期の2年の内、12分の1が終了したことになります。
あと11セットしかありません。

そう考えると本当に2年は短いです。


さて最近忙しいです。
なぜなら今ダイビングの免許を
取っている最中だからです。

今日は筆記テストがあり、無事合格しました!

今日まで、分厚い教科書を毎日読み
大変でしたが、

今週の土日に実技の講習を受けたら
晴れて免許が取れます。

ダイビングにはもともと
まったく興味がなく、正直今もあんまりないのですが、

日本でライセンス取るより、トンガでのほうが安いと聞き
(今回は3万5千弱でオープンライセンスを取ります)
取らないと
損のような気がして、
思い切って取りにいっています。

でもダイビングに対する期待がないぶん、
案外楽しくなって はまるんじゃないかと
思っています。


日本に帰っても沖縄の海でたくさん
もぐれたら もぐりたいな。


さて そろばんの仕事はというと、
前に巡回に行った学校のアロイシア先生と
その子供たちが昨日 私の職場に
来てくれました。
8級の試験を受けるためです。
8級といえば、日本ではまだまだですが、
この子供たちはそろばんを習ってまだ1年なので、
週5日学校で そろばんをするとはいえ、1日15分だけなので、
他の学校の子に比べるとやっぱりすごいと思います。

今回は子供達4人中3人が8級は余裕で合格していたので、
次回7級も受けにくるそうですが、
きっと合格すると思います。

来年3月にはそろばん全国大会があり、
各離島からも、選抜で子供たちがやってきます。
離島のほうが、トンガタプ島(私のいるトンガのメインアイランド)
よりレベルがはるかに高いので、
少しでも一緒にアロイシア先生の子供達の
レベルアップをしたいと思っています。

昨日は試験の他に おつりの計算(というそろばんの教材)
とフラッシュ(プロジェクターで数字が点滅するもの)
で暗算の練習をしました。

暗算が少し弱かったので、アロイシア先生も
がんばると言ってました。




さて2011年もあと1ヶ月、
みなさんも健康第一で駆け抜けてください♪

2011年11月27日日曜日

We Love Sopu

先週金曜日、
職場でお別れ会がありました。
と言っても誰もどこかに行ってしまうわけではありません。

職場は12月22日まで仕事があるのですが、
みんなもうすでに年末モードなのか
休暇をとったり、長期で外回り的なものに
行ったままそのまま帰ってこない予定の
人がいたりで、
もうみんなで今年会えるのは今日が最後!
また来年会いましょう、良いお年を。
のお別れ会でした。

一人一品何かもってきて~ってことだったので、
私はかぼちゃと豚肉の煮物と
紅芋もちを作って行きました。
トンガではかぼちゃがよくできるのですが、
トンガ人は食べる習慣がありません。
どうだろうな、と思いながら作っていきましたが、
なかなか好評でした。
紅芋もちは前の晩に作って冷蔵庫で保管して
そのまま朝持っていったため、
かたくてあまり美味しくなかったです。
反省反省。

でもこうして写真を見るとテーブルの上で、日本食とトンガ食が
混ざっていてなんだか素敵。

ちょっと気が早い気は否めないですが、
また来年皆で笑顔で再会できるといいです。

さて土曜日はSopu(ソプ)という地域の
海浜をクリーンアップするイベントがありました。
JICAのシニアボランティアの方の企画で
地元の小学生やその保護者たちと
掃除をして海浜を綺麗にして、
かつ環境にたいする意識を変えていこう!
という素晴らしいイベントです。

日本にはこういうのたくさんあると思います。
私も小中学生のときによくやった気がします。

しかしトンガでこういうことは今までなかったようです。

朝 浜辺に行くと子供がすでに集まっていました。
後ろの横断幕は前もって美術隊員のボンマス氏と
みんなで作り上げたものです。
大変でしたがなかなか映えていて頑張った甲斐がありました。

さて子供達(だいたい100人ちょっとくらい)を5グループに
分けてそれぞれの区域を掃除しました。

私は養護教員のタネさんと一緒に3班担当で、
子供達にごみの集め方の方法を説明し、
掃除にとりかかりました。

驚いたことにみんな
海に着いた途端ものすごいいきおいで
もくもくと集め始めました。

袋がどんどんいっぱいになっていきます。

こんなまじめに頑張ってくれるとは思いませんでした。

海にはお菓子の袋やら漁で使う網の古くなって使われて
いないものやら、空き缶 ペットボトル等が落ちていました。
なかでも多くて残念だったのが赤ちゃんのおむつです。

「人の親なのに・・・」と思ってしまいました。

やっぱりそういうものを捨ててはいけないという
感覚があまりないのだと思います。

昔はトンガには
捨てても後々 土にかえるものばかりあったので、
トンガ人もそのまま捨てていて、
それが、今海外からたくさんの人工的なものが入ってきて、
でも人の感覚は変わらずそのまま捨てている。

ということもポイ捨ての一因だそうです。

たくさんのものがトンガに入ってきて、トンガ人の暮らしが
豊かになるのは良い事かもしれませんが、
そのせいで、綺麗だった場所が汚れていくのは
悲しいですね。

今日のクリーンナップキャンペーンを
通して子供たちの感覚が少しでも変わってくれたらいいです。
子供たちならすぐに変われるし、
未来のトンガを背負っていくみんなだからです。
最後はビンゴ大会をして終わりました。
楽しんでいたようです。

今日、日曜日はJICAのドミトリーの掃除当番だったので、
掃除をし、それから夕日を見に行きました。
私の地元では夕日は隣の島のほうに沈むので、
海に沈むサンセットを見るのは
生まれて初めてだったかもしれません。
すごく綺麗でした。

異国の地で、夕日や海を見ると、
母国のことを考える傾向に人は
あるようです。

少しみんなでおセンチになりつつ
夜は韓国料理をもりもり食べ、帰路につきました。







2011年11月24日木曜日

トンガに響くサンシンの音

忙しくしています。
なぜならば行事が多いからです。

一昨日は日本大使館の主催でイベントがあり、
3月11日の地震による災害に対してトンガからも
支援があり、その感謝の気持ちを伝えるためと、
近々沖縄で世界各国の偉い方々が集まって会議する島サミットの
紹介などをするためなのですが、
簡単に言うと、
トンガの人に日本食を食べてもらおう!
というパーティーでした。

私もネコの手を貸すべく
浴衣を着てボランティアに行ってまいりました。

途中、海辺ではしゃぐ人たちを見ました

会場に着くと天ぷらやら芋煮やら おすしやら
美味しそうなものがたくさん!



沖縄のテビチとゴーヤチャンプルーもありました!
私は有無を言う暇もなくそのコーナーにまわされました。

おそるおそる、食べ物をうかがうトンガ人に
沖縄料理をすすめまくりました。
テビチはまぁまぁ人気があったのですが、
ゴーヤはやっぱり苦いようでした。
(野菜も日本人のようにたくさんは食べないし)

そうこうしているうちに舞台では
催し物が始まったようです。
写真かなりぶれてますが
琉球舞踊が催されていました

ん!?
なんか知っている人を発見!
地元の生まれ育った村の中学校の1こ上の先輩でした!

いや~すごい。
トンガでまさか会えるなんて。

先輩たちは琉球芸能を伝えるべく、
他の大洋州の国も回られてきたようです。
自らの芸を磨くだけでなく、世界に率先して発信していて
すごいなぁと思いました。

相変わらず いい歌声とサンシンと笛の音でした。

そして昨日はトンガにある一番大きな会館で、
その沖縄の人たちの公演がありました!
(一昨日はショートプログラムで、昨日が本番だったよう)
ぞくぞくとトンガ人がつめかけました。

四つ竹や かせかけ等の綺麗な舞いから、鳩間節
等の歌詞がわからなくても楽しくなるような踊り
まで、少人数でたくさん披露してくださいました。
きっと沖縄でやるようには なかなかいかないような設備の
なかだったとおもいますが、素晴らしい演技でした。

歌の部では先輩が私の故郷の歌である、白保節と
真謝川(マジャンガー)節を歌われました。
まさかトンガで聞けるとは思わなかったです。

きっといろんな形で国際協力があって
こうして沖縄の文化を世界に伝える事も
平和を作ることに繋がっていくんだなぁと思います。

私も踊り1曲覚えてきたので
いつか披露しなきゃなぁ。

2011年11月20日日曜日

自転車解禁

土曜日、やっと自転車が手に入りました!
パーツで日本から送られてきたものを
先輩隊員が組み立ててくれました。
暑い中3時間かかりました。

おかげでトンガの街中をスイスイ走れるようになり、生活水準が一気に上がりました。
トンガの自動車のドライバーは歩行者や自転車にあまり注意しない感じなので
(日本より注意する国は世界中どこ探してもないでしょう)
安全第一に努めます。

土曜の夜は韓国料理やさんに行きました!
久々の韓国料理!
おそらくトンガで一番美味しい料理やさん
なのではないかと思いました。
やっぱり辛い料理が好きです。

そして今日は大家さんちの旦那さんのほうの出身の村に行きました。
教会に行くためです。
いつものようにトンガ語で長いお説教を
聞かされた後、
大家さんの実家に昼ごはん食べにいきました。
トンガの人は本当に優しい人です。
客人である私に、
お魚の一番いいところをよそってくれ、
トンガ人の食べる芋の中で一番の高級品
ヤム芋を私にだけくれました。
子供達も近所からフルーツをもらってきて、
1番大きく綺麗なものを迷わず私にくれました。
私が子供のときはこんなこと、できなかったなぁ
と思います。


そのお家の庭には グアバの木と、パンの木と、さとうきびが2本、生えていました。
やっぱり気候的に さとうきびできるんですねぇ。
製糖工場とかあったらいいんじゃないか
と思いました。

そして今日は大失敗しました。
お家の内鍵をしてしまったのです。
しかもタイミング悪く大家さんもスペアキーを今朝
なくした所でした。
大家さんの弟さんにトイレの窓枠をはずして、
鉄格子や窓ガラスもはずしてもらい、
大家さんちの長男坊ターカイくんに窓から中に
入ってもらいました。
やれやれです。
ありがとうターカイくん。

最近マイケル・ブーブレのCrazy Loveという曲にはまっています。
日本にいるときも聞いたことはあったのですが、
トンガに来て、カフェ(あるんです)で耳にして
すごくいい曲だなぁと思いました。
良かったら聞いてみてください。


2011年11月18日金曜日

初 学校巡回

今日はトンガタプの小学校に初めて
訪問しに行きました。

赴任して1ヶ月程たって、やっと!?という感じ
はしますが、何しろデスクワークが多いのです。
OLになった気分です。

今日行ったのは、Pea(ペア)という
街から少し郊外へ行った村にある学校です。

なぜそこをチョイスしたのかというと、
アロイシア先生という、とても優秀な先生がいるからです。

行ってみると、今日は子供たちが、そろばんの
検定試験を受ける日で、
一緒に試験監督をしました。


みんな良く集中していました。

今日はクラスのなかで、上手な子達を対象に
した試験でしたが、受けた4人のうち
3人が9級に、1人が10級に合格しました。
来週は8級を受けさせるそうです。

子供たちの様子から、普段アロイシア先生が
きちんとそろばんを教えている様子が
わかりました。

アロイシア先生は来年3月にある
トンガそろばん全国大会のことを
かなり意識されていて、
レベルの高い離島の子達に勝つよう、
これから猛特訓をすると言っていました。

ただ、各離島の先生や生徒たちが、チーム1ガンとなって
全国大会に向けての練習をしているのに対し、
アロイシア先生は1人で頑張っているので、
トンガタプ島(メインアイランド)にも、塾のように皆で
大会に向け、練習に取り組める形態作りが必要だなぁと
ひしひし感じました。

あとこんな便利なものを使われてました。

もともとは本を置いて読めるようにPTAから
もらったそうですが、これならそろばんの
指使いが はっきり子供達に見せられるし、
とってもいいと思います。

こういうの他の学校でも作れないかしら。

試験を見て、アロイシア先生と話して、頂いたパンケーキ
をたらふく食べて、この日は帰りました。
また来週、Pea小学校に行きます。


そして別の話ですが、木曜日にスクールズオフィスのポネさんに
そろばんの持つ効力についてプレゼンしました。

ポネさんは元数学教師なので、とてつもなく難しい英単語を使われます。
途中、プレゼンをしているのか、英語の授業を受けているのか
わからなくなりそうでしたが、なんとか終わりました。

今までにしたプレゼンで1,2位を争うくらい上手くできなかった
気がしますが、ポネさんと一緒に、来週水曜日に同じ内容で
トンガ人に対しプレゼンをすることになり、
次に繋がったので、まぁ良しとします。
次はポネさんがトンガ語でメインで話してくれて
私はサポート役につくので、
少しはうまくいくと思います。

やっぱりメインでがっつりやるより、
縁の下で頑張るのが好きだなぁ。


明日はやっと自転車が手に入る日!
この2ヶ月ずっと徒歩で辛かった!

明日から風を切って走らせるぞぉ!

2011年11月16日水曜日

恵みの雨続く

昨晩からまた降り始めた雨が今日1日ノンストップです。
職場からの行き帰りがなかなか大変です。
お家もちょっと雨漏れしています。

けど、トンガの子供たちは雨が降るととっても楽しそう。
みんな外に出て雨を浴びてキャッキャ キャッキャしています。

大家さんちの2番目の子、ターカイくん9歳もすごく楽しそう。

屋根から落ちてくる雨を嬉しそうに浴びてました。
風邪ひかないのでしょうか。

そして私にスイカを持ってきてくれました。
美味しそう。


ただ、今日 職場でもスイカを頂き、今 家に
スイカの切ったやつが2つ。
食べきれるかしら。

明日は晴れるといいな~。



2011年11月15日火曜日

'uha!! (雨)

気づけば全然 更新していなくて
ビックリしました。
トンガは昨日 今日と雨です。
やっと雨季っぽくなってきました。

雨のときはゴキ ブリ子ちゃんがいっぱいでると
いう噂を聞いたのでビクビクしながら過ごしています。

ずいぶん前の話になりますが、
先週の金曜に、オホレイビーチという
ビーチにご飯を食べに行ってきました。
ディナーとトンガのダンスが見れて
$40(2000円くらい)という
かなりお得感のある、なおかつ綺麗なビーチです。

トンガの郷土料理をたらふく食べた後、
レストランのすぐそばにあるhina caveという
洞窟の中でダンスを見ました。

カメラを暗闇モードにしてとったのですが、ほんとはこの洞窟すごく暗いです。

女の人の緩やかで綺麗なダンスと、男の人の野性チックなダンスが
対照的ですごく良かったです。

男性の棒術の踊りが、石垣島の地元の
棒術と少し型が似ていました!
トンガ人の祖先は台湾人という説があり(昔、台湾の原住民の人たちが
船で大洋州の島国に渡ってきたそう)
沖縄とトンガもやっぱり近いものがあるのかなぁ
と思いました。


一番面白かったのはこれ!
ファイヤーダンス。

炎のついた棒をくるくる回して踊ってました。
途中、炎を自分の体につけたり
口の中に入れたりしてました。


あっ、この人なんかいい感じ。

そんなこんなでとてもいい夜になりました。

トンガに遊びにこられる方
いらっしゃいましたら、
ここは要チェックな場所ですよ~!
一緒に行きましょう。

そして昨日はトンガ人で元お相撲とりのアラニさん(お相撲さんの時は 
みなみのしま というお名前)
と ちゃんこ鍋を食べました。

カメラを忘れ写真がないのが残念ですが、
鍋の、あくをとるトンガ人を見れてすごく新鮮でした。

とても美味しく頂きましたが、途中すごく汗がでてきて、
そういえば、今は11月だけどトンガは夏だったな~と思い出して
夏にちゃんこかぁ、、あっつ~!ってなりました。

でもとても美味しかったです。
やっぱり日本食は最高です。

 


あっ また雨が降り出した。